7月18日スロバキア Pohoda Festival

今年のツアーの幕開けはスロバキア!
ドヴリヴェチェル スロヴェンスコ!である。

毎度のことながら
試練は 早めにやってくる。

この日、GOCOOの前のアーチストが演奏を終えて
ステージ上の転換、わずか30分!の間に、
モニター卓の電源が落ちる。
準備中断。
なんとか復帰。
が、また落ちる。

嫌な予感だ。
ツアー1本目、さっそくの長距離移動直後で、
まだ完全にツアーモードに入りきれていないワタシ達は
そんなこんなに翻弄されて、
なんとなくライブ前のリズムに乗り切れない。

でも経験値ってものは
積み重ね、継続 ってものは、やっぱりチカラなんだな。
意識の表層は、そんな騒がしい状況に翻弄されつつも、
もっと奥では、しっかりスイッチが入る。
ああ、ツアーが始まったんだな。

ライブがスタートして打ち始めれば
そこには爍韮錬達錬廊瓩脈打ち、呼吸し、咆哮を始める。

と。
突然、ワタシの打っているオケの音が消える。
マイクに何か起きたな。

やがて。
ステージ上で聴こえていた全体の音が変化する。
う。またモニター卓の電源が落ちたか!?!?

いや。GoRoさんがディジュを吹くのを止めて、
オーディエンスを煽っている。
オーディエンスの声援も、なにやら応援っぽくなってきてる。

あ。
全部の電源が落ちたか・・・?!

去年のハンガリー。ヨーロッパで2番目にでかい!という
SZIGET FESTIVALで目の当たりにした状況。
サリフ・ケイタ氏のライブ中、すべての電源が落ちてしまい、
ライブ中断。
何度か復帰はしたものの、結局完全には復帰せず、
サリフ・ケイタ氏は、ほんの数曲演奏しただけで、
ライブ継続を断念し、ステージを降りられた。

ワタシ達だったら、どうするだろうね、とその時、話したんだ。
「そのまま打つね」
メンバー誰もがそう言った。

1年後、ワタシ達は電源の落ちたステージで
生音で打ち続けた。
(^ふ^)太鼓の強味。
いや、いっそ、メインスピーカーからも音が出てないことに
気づいてさえいなかったとも言える。(笑)

そんなGOCOOのライブに、
オーディエンスがヒートアップ!!!(^ふ^)
電源はじきに復帰して
ちゃんとスピーカーからも音が出るようになって
最後は鳴り止まない拍手に、
フェスではなかなかできないアンコールもやらせて頂いた。

スロバキア 転んでもただじゃ起きない熱い夜 の巻♪


このYouTubeの映像は、アンコールでまた盛り上がる!の図。

http://jp.youtube.com/watch?v=EZtKMLSVGVk&feature=related


さて(^ふ^)
旅のはじまりのお話し、を読んだところで、
この後は、今一度振り出しに戻って、
お楽しみ下さい〜〜〜♪

http://kaoly.gocoo.tv/?day=20080717

7月19日 Fresa Loca Salsa Festival

ツアーの前半、いくつか消えちゃった旅日記があるので
ガンバッテ今から書くのだ。(^ぶ^)

さてまずは今年の2本目、
オーストリア ヴィーセンでの
Fresa Loca Salsa Festival♪

まあまずは、YouTubeの、この動画を見てやってくださいまし。

http://jp.youtube.com/watch?v=g3CCaoJI5BU&feature=related


見た?!
ね!場違いでしょ?!場違い!!!(笑)

しかしサルサ好きな人は、たまらんでしょう。
確かに凄いのよ。

この映像は夜更けてからの風景で、
真昼間のうちは、みんな何故か揃いのTシャツを着て
フロア狭しと芋洗い状態で、そして会場全体が一体となって、
とにかく熱心に練習する。
よさこいソーランなみのマイクパフォーマンスにのって、
手拍子足拍子で踊る踊る。
会場にはサルサなミュージック♪が流れ続ける。
会場内、他には特に一切なし!の
とことんサルサ!なフェス。

さて、そんな昼間の時間帯から
お待ちかねの夜の時間へと移り変わるタイミングの
ひとつのお楽しみ的に組み込まれたGOCOOライブ。

でもさ。想像してみてほしい。
会場はまさにこの映像そのものの状況。
サルサ一色。サルサ漬け。サルサパラダイス。
そこに割って入って、こともあろうに和太鼓打つって・・・。
(-_-;)
しか〜も!!!
ステージ袖に置かれたライザーの上に準備した太鼓を
「さあ、ステージ上に出しましょう!」ってGOが出たとき、

ステージ上では、セクシ〜〜〜な男女が
「さあさあ みなさんも このように このように〜〜〜ぃ♪」と
お手本ダンスの真っ最中。

え、え、え???いいの??いいの??と思ってるうちに
ライザーをぐいぐいステージ上に押し出すスタッフ。

大量の和太鼓に押し出されるように、
くるくる絡み合って回りながら、
ステージの逆袖へと押し出されていく
セクシ〜ダンサ〜。
あああ〜〜〜ごめんねぇ〜〜〜!!!

そしてミュージックが止み、静まり返るフロア。
(-_-;)
す、すぐ終わるから。
ちょっと打ったら、すぐ終わるからね。(とはいえ60min!)
と、半ばそんなキモチで準備。とほほ〜い。

でも!!!
ライブが始まってみれば、
サルサを踊っていた時と変わらぬ笑顔でいっぱいになったフロア!
あああああああああ〜〜〜〜〜よかった!!!
いやはや。
2本目にして、冷や汗かきそうだったけど、
カラダで感じて表現する、ってところでは、
SalsaもGocoo music も同じ♪ってことかな!
(^ふ^)


BoomFestival のステージ

しあわせのばしょ(^ふ^)



http://www.boomfestival.org/boom2008/index.php

さて 帰ろう(^ふ^)

2日目のライブを終えて
深夜12時。
大慌てで太鼓の梱包。
太鼓もこれで5月の
ボン〜モロッコ以来、久々の帰国だからね。

1時半、ホテルに向けて出発。
ホテルで1時間以内に
シャワーを浴びて荷造りしての
猛ダッシュ。

なんたって土埃と煙で
このまま飛行機に乗ろうものなら
全員つまみ出されそうなくらい
汚くて臭い。(-_-;)

悲しいかなフェスの余韻もどこへやら。
1時間後には、髪も乾かず、化粧っけもなく
荷物ひっつかんで部屋から出てきたって
有様の一行を乗せて
カルロスバスは深夜のハイウエイをひた走る。

空が茜色になってきた頃、
リスボン空港に到着。
そこから3時間のフライトと
5時間のトランジット待ちを経て
まもなくフランクフルト空港から
インチョンへと飛び立ちます。

まだ成田にゃ着けないのだ・・・。
しかもそこでまた5〜6時間待つんだな。


でもみんなが待っててくれる日本へ
おうちへ 帰ろう。
(^ふ^)

待ってろよ猛暑!!!

Boom Festival

この2日間のことは
まだうまく言葉にできない。

あの場にいたワタシ達とみんなの中に
とても特別な時間が流れた、としか。

この夏の旅の終わりに
ワタシ達は信じられないほどの
愛を受け取った。

それは旅がつづくことの
証なんだろう。

ワタシ達が最後に受け取ったものを
また手渡していく旅が始まるのだ。


Boom Festivalは凄いよ。

http://www.boomfestival.org/boom2008/index.php

生まれました


今朝 生まれました。

HIDEちゃん ひろみちゃん
おめでとう!!!


帰ってくるまで
おとうさんは
ちょっと待っててほしかったかもしれないし
おかあさんも
一緒に生みたかったかもしれないけど

旅の最後に
大きな大きなギフトを届けてくれた
夏乃介。


今日のステージで
あなたの誕生を祝福するために
太鼓を打てることが
どれほどワタシ達にとって
しあわせなことか
いつか
遠い未来に
あなたにもわかる日がくるかな。

この世界は
愛 を学びに来るところ。


ようこそ この世界へ。

LOVE PEACE&JOY



今夜のステージ♪

この旅の最後のステージがここ。

細い竹を何本も束にしたものを
自在にまげて
ステージに丸い天蓋を創ってある
それ自体がひとつの作品。

竹の天蓋に
照明の光りや映像があたって
幻想的な世界を生み出していて

しかもこのステージは
SACRED FIREとのコラボに
なっているんだ!

今夜のGOCOOライブの時も
FIRE MANが
火を焚いてくれる。

正面には湖。
背中には山。


昨日のステージが
ダンスサイトのメインステージ
今日のステージが
ライブのメインステージ

本当に
この旅のしめくくりに
ご褒美のような舞台です。

では いってきます。
みんなの思いと一緒に。


今朝のごはん

日本からはるばるポルトガルまで
応援にきてくれた3人娘からの
救援物資。(^ふ^)

今朝のごはんは
きつねうどんにたぬきそば
梅シソそうめん。

そこにどっさり粒海苔入れて
残ってたインスタント味噌汁の
具も入れての、
スペシャルバージョン♪


あああああああああああああ
うまかった!!!
(^ふ^)


Boom!!!

ここがステージ!!!

すっごいよ!!!
Boom Fes!!!
(^ふ^)


いよいよ!!!

ラスト2DAYS!!!

ヨーロッパ最大のレイヴ
Boom Festival

まもなく到着!!!


でも夕べは深夜の恐怖4時間ドライブ
死ぬかと思った!


100kmで飛ばしながら
メールを読み!
メールを打ち!!
電話で盛り上がるポルトガルドライバー。
その時、目の前に飛び出してきた
巨大四ッ脚動物!!!
急ハンドルでよけるドライバー!!!
あわや横転?!のバス。
眠りつづけるメンバー!!!

もうわたしゃひとり静かに
絶叫コースター状態でしたよ。
(″ぶ゛)


でも!!!ラスト2GIG!!!
精一杯打ってくる〜〜〜〜〜!!!
(^ふ^)


calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Gocoo kaoly

kaoly230.jpg
日本国内をはじめ、世界中で活動している創作和太鼓グループ「GOCOO」のリーダー。
詳しくはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM