7月14日 モントルーライブ09

スイスってぇのは、とにかくどこもかしこも絶景で

モントルーも、バスが着いた瞬間は
え?ここ?と疑う普通の街中、かと思いきや、

バスを降りれば、雄大な山々と湖が会場を取り囲む。

大きな大きな夫婦の樹が目の前に聳え
その樹の向こうにレマン湖が見晴らせるステージ。

その景色が茜色に染まって、ようやく暮れなずんできた夜9時半。
ライブスタート♪

週末の、フェス最終日の夜ってこともあってか

ステージから見渡す限りを埋め尽くしたオーディエンスは
年齢も、人種も、タイプもホントに多種多様。

もうちょっとなんて言うか
ストイックなジャズファンが集まるフェスかと想像したけど、
まぁそういうわけでもなさそうで
慣れ親しんだヨーロッパのフェスの雰囲気に
ちょっとはリラックスして始まったライブ。

いやぁでも、その60分間のオーディエンスの集中力は
凄いものがありましたよ…!

おそらくステージは、かなり観えづらいだろうエリアまで
その集中力を途切れさせることなく、観、聴きいって、乗ってくれりゃ
そりゃ〜嬉しい。

ワタシ達なんぞが、でも和太鼓にこだわって
このメンバーにこだわって
15年かけて創ってきた音が

こんなふうにモントルーのオーディエンスに
受け入れてもらえたことは、本当に嬉しい…

初めて聴くGOCOOの曲に
でも絶妙なタイミングで、拍手、歓声、手拍子が応えてくれて、

その瞬間瞬間の音を一緒に創り出していく
・・・やっぱりそれでこそライブ、だもの〜♪♪

大きな大きな拍手喝采で終えたステージ。

太鼓を片付け終わった一瞬後には降り始めた雨や

GOCOOの後の、最後のバンドが演奏する頃には
さっきまでの景色がウソのように
すっかり酔いがまわった人達の雑踏と化した会場を見るにつけ、

GOCOOにとっては
いろんなことが味方してくれた本番でもあったな〜。

ひととき、会場内を楽しんで夕食を食べ
感慨に浸りつつバスに乗り込み
そのままドイツへ向けて出発。

バス泊2日目。

明日のライブ、果たしてどうなりますやら〜?


KAOLY (^ふ^) GOCOO

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Gocoo kaoly

kaoly230.jpg
日本国内をはじめ、世界中で活動している創作和太鼓グループ「GOCOO」のリーダー。
詳しくはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM