12月18日練習日記 音まわし

今日の練習最後は、みんなの好きな音まわし。

これは、今日初めて太鼓打ちにキタ人も、
もう何年もずうっと太鼓打ってる人も、
一緒になって楽しめる、ちょいとゲーム感覚な練習なんだけど、
何を打つにしても、みんなで打つなら、
同じひとつの波に乗って打つことナンダ、ってことが
実感できるステキナ練習でもある。

みんなで同じ波に乗っているから、
音があっていく、アンサンブルが心地いいものになる。

曲だったら、始まってから終わるまで、
ひとつの波にみんなで乗り続けられるかが勝負♪

ってことで、みんなで輪になって、タカタのリズムに乗って、
打つこと自体は実にシンプルに音をドン、ドン、ドン、ドンと
回していくんだけど、
波が出来てくると、だんだん音の渦が目に見えそうなくらい、
ぐるんぐるんと回り出す。
波乗り同様、時に波から落ちそうになって、
おっとっと、と立ち直れる時もあれば、落っこちてしまう時もある。

そこから次は、だんだんと、一定のリズムじゃなくていいから、
回り続ける音を感じながら、次の人へと渡していく。
緩急、大小の変化のついた渦が、今度は回り始める。
これがまた、おもいがけない渦を生み出して実におもしろい。

フレーズや曲を練習しながらだと、どうしても、
自分が打つことで精一杯になってしまうけれど、
こういう練習がステキなのは、
音はコミュニケーションなんだってことが、
自然とみんなの中に生まれていくところだ。

受取って渡す、受取って渡す、そうしてひとつひとつの音が
紡がれていって、音楽になっていく。
テクニックでも知識でもなく、
そこに自分が差し出す、たったひとつの「ドン」っていう音も、
その音楽の中に存在する、大事なひとつの音。

ワタシは基本的に、太鼓は、みんなで打つ!が好きだ。
だからこそ、みんなで打ってても、ひとりで打ってても、
そんなひとつひとつの「ドン」を生かしたい、生きた音にしていきたい、と思う。

この練習はそして、音は、音と音の間が生み出す、
ってことにもつながるんだけど、
この話はまた今度。

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Gocoo kaoly

kaoly230.jpg
日本国内をはじめ、世界中で活動している創作和太鼓グループ「GOCOO」のリーダー。
詳しくはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM