牧郷収穫祭11月22日



夏には光祭りで賑わう牧郷ラボ

近年、ありがたいことに
GOCOOもTAWOOも
牧郷の地元のみなさんに可愛がって頂いて

秋の収穫祭に呼んで頂き
太鼓担いでイッテキマシタ。

あいにくのTHE曇天!で
昼のワークショップは体育館で


・・・ん???

なにやら謎の生き物が混じっておりますな???

こ、これは、
伝説のパンダ先生・・・!

突然の乱入で動揺したTAWOOメンバー
デモンストレーション演奏が壊滅的な状態になったとかならぬとか・・・
(笑)

ふん。
これしきのことで動揺するとは
まだまだ修行がたらんわ。


そして午後はなんとか天気もぼんやり回復し
いつもの校庭で演奏。


ま、またも
パンダ先生・・・?!

パフォーマンススタイルがKAOLYに似てるとか
首の辺りから長い髪の毛がハミ出てる?とか
なぜKAOLYがいない?とか
そーゆーことは
気にしないように。(`ぶ´)



それにしても
牧郷で頂いた
白菜やら、大根やら、こんにゃく煮やら、すいとんやら・・・
牧郷で取れた大地の恵みの
美味しいこと美味しいこと・・・!!!

演奏後はみんなで火を囲んで
おなかいっぱいイタダキマシタ。


牧郷はいいなあ。(^ふ^)

(photo by sakky)

エンドレスサマー2009@茅ヶ崎サザンビーチ

エンドレスサマー2009!!!

ステージはサザンビーチ!
となりは海!



オープンエアのステージは
暑かった〜〜〜!!!ケド

GOCOOがステージに上がるころ
陽も傾いてきて
心地いい風
波の音
広い空に夕焼け

そしてみんなのシアワセそうな笑顔



最高でした(^ふ^)

最後は全出演者でセッション♪♪♪

「はち」で出演したヤマダが登場!!!
久々にやまちゃんとCelebration歌って
やまちゃんのディジュとセッション♪♪♪

嬉〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪♪♪




そしてDachambo、はち、宝道・・・等々の
みなさまもっっっ!!!



ちいさいこども達が
ライブ中からステージにあがってきて
ノリノリで一緒に踊ってくれたり♪
ライブ後、ハグしに来てくれたり♪
(^ふ^)
そんなこんなもなにもかも
ほんとにすてきな1日でした。

みんな ありがとう!!!




ステージを飾ってくれたライブペインティング!


由比ガ浜CABANON〜RisingSun

DAISHIさんのBlog
リポートがアップされてますね〜。

DAISHIさん
今話題のオリンパスPENを使ってるので
写真もキレ〜イ(^ふ^)♪

ライジングサン(^ふ^)



ライブ自体は
始まってしまえば
本当に
あ!っという間だったけど

DAISHIさんのDJも
麻衣さんの歌声も

広い広〜〜〜い
北海道の大地を贅沢に生かした
ライジングサンの会場も

そのホスピタリティも

夏の北海道の心地よい風も

なにもかも・・・が
まあ本当にいい時間で。。。


翌日は1日、札幌をの〜んびり味わって
日が暮れてから会場へ。

フォレストテントサイトに
Candle JUNEさんと
SHINKILOWさんが創った
タイラクルって空間が
もおおぉぉぉ〜〜〜〜ぅキモチよくて・・・
ヤバカッタ〜〜〜(^ふ^)

CABANON with DAISHI DANCE

晴天に恵まれちゃった日曜日。

由比ガ浜って
イマドキ、御洒落な巨大海の家、が
ずらららら〜〜〜っと建ち並んでて
びっくりですわ。

去年、アカプルコとマサトランに行ったけど、
あのメキシコリゾートの喧騒を
髣髴とさせるものがあったなあ〜。

そんな中、CABANONは
ステージも結構でかくて
本格的にライブができる小屋だけあって

海の家、とはいえ
海に向かって開放してるわけではなく
よって、ツェルトフェス並みに
室内温度は↑↑↑

ステージ上は、照明の熱もあいまって
笑っちゃうくらい温度↑↑↑

しかもDAISHIさんのDJで
みんな大熱狂でまたまた↑↑↑

DAISHIさんが90分ほど
めちゃめちゃ盛り上げた後、

で、なんでステージ上に和太鼓が???
な風景に、GOCOO登場。

しかもDAISHIさんが銅鑼を打ってくれる!中。

DJ SOUNDに
太鼓の生音が加わって、
そりゃみんなもビックリ+キモチイイ〜〜〜♪でしょう。
(^ふ^)

思わず暑さも忘れてハリキリスギテ・・・

土日と、汗かきすぎでヤバイ・・・!


ところでライブ後、
同じビーチで
火付盗賊のパフォーマンスがあって
ひっさびさに逢えたんだけど、

GOCOOのTEA HOUSEと
DAISHIさんのジブリMIX使ってて
ここでも思いがけず
DAISHI&GOCOOライブが。(^ふ^)

パフォーマンス、かっこよかったなあ!!!




鶴岡八幡宮雪洞まつり 奉納演奏

70年つづく鶴岡八幡宮の祭り。

秋分の前日から3日間
(暦によっては4日間。
で、今年は4日間)

秋を迎えるにあたって
みんなが元気に無事に
夏を乗り越えられるようにと
行われる祭りなんだけど

70年前当時
鎌倉にはたっくさんの
海水浴客が集まっていたわけで

その人達が八幡宮に参拝にみえるようにと
川端康成氏らが人寄せに
雪洞(ぼんぼり)に
絵や文字を描いて灯したのが
始まりだそうで。

境内には
各界の著名人が描いた
約400!の雪洞が並び
夕暮れ時ともなれば
ひとつひとつに巫女さん達が
ろうそくを燈して

境内は
それはそれは美しい眺めになります。

GOCOOライブが終わって
ちょうど夕暮れ時。

雪洞のあかりを見せるために
境内の照明も暗めで
屋台もなし。

静かな境内を
たくさんの人達がそぞろ歩く
なかなか風流な祭りです。
(^ふ^)


舞殿で打たせて頂くのは
昨年の宵宮祭以来2度目。
神様の真正面で
打たせて頂く太鼓は
やっぱり
格別、です。




ひかり祭り

ありがとうございました!!!!!

あの豪雨の中
ステージ前で
雨を浴びるみんなの姿が
壮絶で、そして美しくて

目があうと
これでいいんだ、と
強く頷いてくれる
みんなの姿は

なにかおおきなチカラと繋がって
たいせつなことを伝えてくれているようで

涙があふれました。


こういう雨もあるんだな、と思った。

そして
祭りは
生かされていることへの感謝
そして
いにしえから繋がり続け
今ワタシ達がここにいることへの感謝
そして
ワタシ達が
未来へ繋いでいく今日を明日を思う1日。

だとしたら
祭りは
死への準備の時間、でもある。

いつかこの命を終えるときまで
どう生き
なにをつないでいくのか、を
知る時間。


昨日、あの豪雨のライブの只中で
強烈な愛と感謝に身を委ねつつ
そんなメッセージを
受け取りました。



ひかり祭りを生み出し
育ててくれたツトムさん
牧郷のみなさん
スタッフのみなさん

本当にありがとうございました。


今週末はひかり祭り!

今週末8月1日(土)2日(日)は
いよいよ
ひかり祭り!!!

ツアーで日本にいない夏が続いていたので
久しぶりのひかり祭り、なのです。

で!今回はちょっとSpecial(^ふ^)

ゲストに
5月のMotherで出逢った
ディジュのNATAさんをオマネキして
初のGOCOO&NATA♪セッション♪

そしてそして!!!
こちらも初!!!
コタヲちゃん達が登場しますっっ!!!

コタヲはGOCOOの太鼓道場TAWOOの
コドモクラス。
全員小学生!!!

でもこいつらが、凄いんだな〜♪

ひかり祭りでは11人のコタヲ達が
GOCOOと一緒に演奏しまっす。

お楽しみに!!!




桜の樹の下で・・・

4月11日お花見ギャザリング@牧郷

晴れ渡った空の下
夏のひかり祭りを思わせるほどの気温

旅GOCOOを始めようと決めたとき
まずは牧郷に桜が咲いたら
桜の樹の下でみんなに逢いたいと思った。

あの時は、
でも花見の季節はまだまだ寒いしね、
雨降ったら屋根ないしね、と
心配していたんだけどね。(^ふ^)

思いがけぬ暖かさに、都内では
すでにすっかり葉桜になっちゃった木々もあって
牧郷の桜はどうだろう・・・とやきもきもしたけど

花吹雪を降り注ぐ樹齢85年の桜は
見納めの花をその身にまとって
待っていてくれた。


ワタシ達はどうしてこれまでのように爛薀ぅ岫瓩世韻犬磴覆
爛ャザリング瓩鬚笋蠅燭ったのか
この日1日中ずっと
目に映るすべての景色に
そのこたえが満ち溢れていて

なんだかもう
自分がこの世にはいない存在のような気がしてくるほど
その景色は、幸せそのもので・・・

ああ ここにはすべてがある
すべて足りていて
すべて満たされていて
ただ、そこに身を浸し、味わい、感謝すればいいんだ
・・・って。

きっとワタシ達は
本当はいつだってそうであることを
こういう瞬間に気づくんだろう。

あの場にいたひとりひとり
すべての人が
そこに持ち寄ってくれた思いがある。
オトナもコドモも、おじいちゃんもおばあちゃんも、
ひとりひとりの存在があって初めて
あの景色が生まれる。
ひとりひとりが欠かせない存在だった。
そのことが、たまらなく嬉しかった。

与えられたものでもない
バーチャルでもない
ひとりひとりが生み出す
みんなで生み出す
人も自然も一緒になって生み出す
シアワセの景色。


牧郷のみなさん
本当にありがとうございました。

あの場を生み出してくれたみなさん
あの場に共にいてくれたみなさん
本当にありがとうございました。

そして牧郷に感謝。

photo by タツジン 

柏JAM そして 旅GOCOO

柏JAMにいらしてくださったミナサマ
ありがとうございました。

なんというか
こどもたちから、おとうさんおかあさんまで
はばひろ〜い世代が
そしてなつかしい顔ぶれが
あのハコの中に
ぎゅっと一緒にいて
みんなで音を生んでいる
その瞬間が、ワタシにとっては
やっぱり最高なんだ。


やっぱり日本を旅したい!
ワタシ達と ワタシ達の太鼓が
生まれ育ったこの国を 旅したい!

大地と太鼓とからだが ひとつにつながって
そこから音が湧き出して 轟き渡る
あの瞬間を みんなと味わいたい!

こういう時代だから
太鼓打ちが がんばりたい!
みんなが元気であるように。

だからGOCOO
何処へでも行こう!
太鼓かついで 飛んでいこう。


旅GOCOO。
2008年の終わりに
今、それやらにゃ〜後悔するぜ、と思った。

そう思ったら、
すべてがその時から、旅になった。

すべては旅なんだと思ったら
なんだか、ライブが動き始めた。

柏JAMは、そうして始まった2009年
GOCOOメンバー全員揃っての 初ライブ。
みんなと過ごせてしあわせでした。


最後は ありがとう と あいしてる だけが残る。
そんな時間をまたみんなと創りたいから
旅をつづけていくよ。

ありがとう。


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Gocoo kaoly

kaoly230.jpg
日本国内をはじめ、世界中で活動している創作和太鼓グループ「GOCOO」のリーダー。
詳しくはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM