7/17 ZMF(ZELT MUSIK FESTIVAL)@Freiburg

7/17 ZMF(ZELT MUSIK FESTIVAL)@Freiburg-a
7/17 ZMF(ZELT MUSIK FESTIVAL)@Freiburg

今回で3回目の出演となるZMF。

10年で3回だから、3年に1度は来てるわけで
GOCOOを知って来てくれる人達もいるフェス。

大きなサーカステントが会場で
パックステージテントはアンティーク家具や装飾品を織り交ぜて
そりゃもうお洒落な創りで

壁にはZMFに出演したアーチストのポートレートが飾られ
そして、美味しい食事が並ぶ…快適この上ない空間。
主催者もGOCOOをいつも心待ちにしてくれている。

ツアースタートと同時に
3日間のハードスケジュールをハイテンションで乗り切って
2日目3日目は、スタンディングの野外フェスの興奮を存分に味わった後
1日完全OFFを挟むと、いっそ3日間の疲れがどっと出るもので

そこで室内でシートの
じっくりライブのコンディションに持っていくのは
なかなか難しい。

長めに取ったはずのリハ時間が
まだやりたいことを残したまま、時間切れ…。

みんなの顔にも疲れが見える。

この日、セットリストにELEVENを入れていたんだけれど
リハも間にあわず、外すことにした。


そして開演5分前。

MCを担当してくれる顔馴染みの主催者のひとりが、
ワタシに、
日本は今、どうなのか、
ワタシ達の大切な人達は無事だったのか、と
声をかけに来てくれた。

1年が経って、たった1年で
もうドイツの人々は日本のこと
福島のことをあまり話題にしなくなっているけれど

自分達もこのことを忘れちゃいけない。
今日のMCでそれを伝えようと思う、と。


スイッチを押してもらったような気がした。

1stセット、深く静かに、でも熱く真剣勝負が始まる。

20分のインターミッションで
みんなに、ELEVENを打とう。と伝える。


ステージ上では分からない客席の空気感を
この時間にFOHのやっさんから聞けたこともあって

手応えを感じながらスタートした2ndセットは
ワタシ達がステージに出た瞬間の、迎える空気からして違う。

1曲ごとに湧き上がる歓声や
みんなが一斉に床を踏み鳴らす音が地鳴りのように轟く。

それでもどこか深く静かな、不思議な感覚。


最後にELEENを打つ前に、少しシェアさせてもらった。

僅かな英語しか使えない話しに
でも涙をぬぐいながら聞いてくれる人達もいる。

今日こうしてELEVENを打たせてくれたのは
偶然のようなひとりの人の言葉だったり
客席にいる人達だったりすることが

予定のセットリスト通りにELEVENを打つことと
結果打つことに変わりなくても

その意味は全然違う。

人の縁がもたらす成りゆき、は、尊い。


7/17 ZMF(ZELT MUSIK FESTIVAL)@Freiburg-b

7月16日 休日@STUTTGART

7月16日 休日@STUTTGART-a
7月16日 休日@STUTTGART

7月16日 休日@STUTTGART-b
昨夜のライブ会場周辺を
ぐるぐるさんぽ

7/15 STUTTGART SUMMER FESTIVAL of CULTURES

7/15 STUTTGART SUMMER FESTIVAL of CULTURES

STUTTGART駅そばの広場がフェス会場。

夏の夜を楽しもうと、ビールや食べ物の店がずらりと並び
毎晩2〜3アーチストのライブが繰り広げられる
フェスの最終日の大トリ。

昼に着いていったんトレーラーを置きに行った時は、まばらだった人出も
夜になると一変して、ぎっしりと広場を埋め尽くす。

ステージの高さがやたら高いのも納得の、広場の奥の奥まで大盛況!

GOCOOの前のバンドは
どうやらコロンビアの大御所歌手らしく

そのパワフルな歌と演奏に
特にステージ前は、踊って歌ってお祭り騒ぎになっている。

しかも、終わらない。(笑)

もう転換が始まるはずの時間になっても
ステージ上も前も、一向に終わる気配がない。(笑)

広場で音を出せる時間は、タイムリミットが決まっているので
刻々とセットリストを見直しつつ待つ。

この異様な盛りあがりの後のトリは、なかなかキビシイ。

ハードルあげてくれるじゃないの。
( ~ぶ ~ )

でも、ようやくセットアップが出来て
サウンドチェックが始まってみれば

早くもサウンドチェックに起きる拍手喝采
自然と交わされるステージ上とオーディエンスとの
言葉を越えた会話、期待に溢れ待ち構えてくれる雰囲気…に、

なんだろう、この「ドイツに帰ってきた感…」

そう、やっぱりヨーロッパでのGOCOOのホームはドイツなんだよなぁ〜

疲れも一気に吹っ飛び、メンバーのテンションもMAX。

初っ端から凄い勢いで演奏が始まれば
それに応えるように、拍手、歓声、手拍子で
広場が一体となっていく感覚。


そう、モントルーに続いて
今年は特にオーディエンスの集中力をすごく感じるんだなあ。

どちらも野外の開けた場所で
ビール片手に、のライブなのに

見渡す限りのずっとずっと向こうまで
ひとりひとりと目があうくらいに
互いが集中しあってる瞬間の連続。

それはやっぱり演奏する身としては
至福の時間なわけで。

かくして、GOCOOツアー史上
最もハードな3日間のライブは

とてもシアワセな時間となりました。

寝ずの3日間連続ライブ、やりゃ出来るじゃん。(笑)

って、あらためて振り返ると
GOCOOヨーロッパツアーって

いつの間にか限界に挑戦ツアーになってますけどっ!!!


KAOLY (^ふ^) GOCOO

7月14日 モントルーライブ09

スイスってぇのは、とにかくどこもかしこも絶景で

モントルーも、バスが着いた瞬間は
え?ここ?と疑う普通の街中、かと思いきや、

バスを降りれば、雄大な山々と湖が会場を取り囲む。

大きな大きな夫婦の樹が目の前に聳え
その樹の向こうにレマン湖が見晴らせるステージ。

その景色が茜色に染まって、ようやく暮れなずんできた夜9時半。
ライブスタート♪

週末の、フェス最終日の夜ってこともあってか

ステージから見渡す限りを埋め尽くしたオーディエンスは
年齢も、人種も、タイプもホントに多種多様。

もうちょっとなんて言うか
ストイックなジャズファンが集まるフェスかと想像したけど、
まぁそういうわけでもなさそうで
慣れ親しんだヨーロッパのフェスの雰囲気に
ちょっとはリラックスして始まったライブ。

いやぁでも、その60分間のオーディエンスの集中力は
凄いものがありましたよ…!

おそらくステージは、かなり観えづらいだろうエリアまで
その集中力を途切れさせることなく、観、聴きいって、乗ってくれりゃ
そりゃ〜嬉しい。

ワタシ達なんぞが、でも和太鼓にこだわって
このメンバーにこだわって
15年かけて創ってきた音が

こんなふうにモントルーのオーディエンスに
受け入れてもらえたことは、本当に嬉しい…

初めて聴くGOCOOの曲に
でも絶妙なタイミングで、拍手、歓声、手拍子が応えてくれて、

その瞬間瞬間の音を一緒に創り出していく
・・・やっぱりそれでこそライブ、だもの〜♪♪

大きな大きな拍手喝采で終えたステージ。

太鼓を片付け終わった一瞬後には降り始めた雨や

GOCOOの後の、最後のバンドが演奏する頃には
さっきまでの景色がウソのように
すっかり酔いがまわった人達の雑踏と化した会場を見るにつけ、

GOCOOにとっては
いろんなことが味方してくれた本番でもあったな〜。

ひととき、会場内を楽しんで夕食を食べ
感慨に浸りつつバスに乗り込み
そのままドイツへ向けて出発。

バス泊2日目。

明日のライブ、果たしてどうなりますやら〜?


KAOLY (^ふ^) GOCOO

7月14日 モントルー08

7月14日 モントルー08
KAOLY (^ふ^) GOCOO

7月14日 モントルー 本番!07

7月14日 モントルー 本番!07-a
さてそして本番
ひとまず写真から(^ふ^)

7月14日 モントルー 本番!07-b

7月14日 モントルー 本番!07-c

7月14日 モントルー 本番!07-d

7月14日 モントルー 本番!07-e

7月14日 モントルー06

7月14日 モントルー06-a
湖沿いの道に、MILES DAVISの銅像!
台座にトランペットが埋め込まれているのです。
ありがたや。

7月14日 モントルー06-c

7月14日 モントルー06-b

7月14日間 モントルー05

7月14日間 モントルー05
ジャズフェスと言っても、ジャンルは様々みたいで
(だからGOCOOも呼ばれたんだろうけど)
GOCOOの前のバンドは、ロックと言うか、メタルと言うか…。
そして、湖沿いにはたくさんのお店が立ち並んでいるんだけど
どこも超満員で、道もラッシュアワーの山手線内みたい…。


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Gocoo kaoly

kaoly230.jpg
日本国内をはじめ、世界中で活動している創作和太鼓グループ「GOCOO」のリーダー。
詳しくはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM