GOCOOメンバーとの出逢い ユミイシイ編

あれは1990年代初頭のことだったと思います。
ある日、ふと気づくと、
私は上野動物園の白熊舎の前に立っていました。
自分がもうどれくらいの時間、そうしていたのか、
よく分からないのですが、
私は確かに、ある1頭の白熊に魅入られてしまっていました。

故郷のアラスカの海に見立てたにしては、
あまりにお粗末な水溜まりで、
それでも気持ち良さそうに、優雅に、水と戯れ、
そして岩場に上がってきては、手ごろな木の枝を持ち、
「うぉぉぉぉぉぉぉぉxxx〜」とものすごい雄叫びを上げながら、
並べた切り株に、繰り返し繰り返し、振り下ろす・・・
ひとしきりそうして切り株を打つと、
またおもむろに水の中へとその体を投じる・・・
そんな白熊の一挙手一投足に
そしてその瞳の中に見た「ひかるもの」に
私のこころは、すっかり奪われてしまったのです。

私は思い切って、上野動物園園長にオネガイをしてみました。
「園長、どうか、あの白熊を自由の身にしてやっては頂けないか」
すると園長は
「いいよ」
と、予想に反して、いともあっさりと、
白熊を動物園から解放してくれたのです。

私と白熊は、めでたく手に手をとって、
上野公園口から動物園の外に出ると、その足で
かみさまの所へ行きました。
「神様、どうか、この白熊を人間にしてやっては頂けないか」
するとかみさまは
「いいよ」
と、これまた予想に反して、いともあっさりと、
白熊を人間にかえてくれたのです。
「そのかわり、白熊だった記憶は、
うすぼんやりとしか、残らないんだかんね」
まあ、こういう場合、
一切の記憶が残らないってのが 常識でしょうから、
うすぼんやり、ってのもどうか、とは思いつつ、
かみさまのきもちが変わらないようにと、
私達は異議を唱えることは控えて、望みを叶えて頂きました。

やがて白熊は、
純粋で、情緒豊かで、こころ優しく、思いやりと才能に溢れ、
時に傷つきやすく、感情の波にみずから溺れそうになりながらも、
熱いハートとダンサブルなボディで、
その荒波さえも乗りこなすようになり、
魅力的な、お年頃のむすめさんの、太鼓打ちに成長しました。

「精一杯生きているお前の姿は、いつも見ているよ」
と、ある日かみさまが訪ねて来て下さいました。

ちょうどその頃、白熊は
名曲「Dada」を完成させようとしていたところでした。
まだにんげんのことばは、うまくしゃべれない白熊が
最初に発音できるようになった音が「ダ」だったのです。
余談ですが・・・。

名曲「Dada」を、かみさまもたいそう気に入り、
ごほうびに白熊に「ユミイシイ」という名前をつけて下さいました。

そして
「おまえたちには、出逢うべき仲間がいる。
その仲間達と出逢うための旅に出るのじゃ。
その仲間達と果たすべき仕事がまっておる。 」
と私達に言い残し、帰っていきました。

つづく・・・・
かも。

おまたせしました!NEW CD!EarthBeat

お待たせしました〜♪♪♪先行発売、開始しました♪♪♪
できたての、新鮮なヤツを、ぜひ、ご賞味くださいまし。

太鼓をCDで聴こうナンテコト自体、
どうなのよ???って。
やっぱり太鼓は、生で、その振動を、その風を、
肌で、いやカラダの奥で、感じ取るのが醍醐味。
それをあえてCDにするならば・・・と、
暗中模索、試行錯誤、を経て、
たくさんの方のお力を頂いて、
ようやく!これはみんなに!!聴いてほしい!!!って思える
待望の、我が子が、誕生したのでゴザイマス。

ワタシ達はみんな
この世界に、命をつないでいくって使命を担って、やってきてる。
命をつなぐこと、は、思いをつなぐこと、なんだと思う。
親から子へ。
自分が産み出すものへ。
ワタシが受けた思いは、
全部、音に込めて、つないでいく。
たくさんの人に、この音を手渡していけたら、しあわせです。

(^ふ^)KAOLY

ナイナイサイズに出演♪5月5日

今週土曜日5月5日(土)23:30から4chで放送される
「ナイナイサイズ」は
「タカシとマナブ・・・和太鼓を学ぼう!」ってテーマ♪
ナイナイの岡村さんが、GOCOOの道場にやってきたって設定で、
ワタシが岡村さんに、手取り足取り〜太鼓を教えて、
最後はGOCOOとTAWOOのメンバーと一緒に、
見事1曲演奏披露!!!ってことに。

先日、その収録があったんだけど、
岡村さんは以前にも、宮本太鼓の太郎ちゃんの指導の下、
和太鼓演奏しているのを、TVで観たし、
しかもあの運動神経の良さ、踊りのうまさ・・・
得意分野でしょう〜と思っていたら、

ディレクターの方によれば、
岡村さん自身は、音楽系はニガテ、フレーズが覚えられない!
しかも和太鼓はムズカシイ!って思ってるそうで・・・

いやいや、でも、GOCOOスタイルなら、
絶対〜!に、岡村さん向き!!!
苦手意識も、打ち始めちゃえばすぐに克服できるはず!
ダンスしてる時と同じ感覚になればいいんだし。
と、打合せでディレクターさんに、
自信満々で豪語してしまったワタシ。(笑)
だってほんとにそうだと思ったんだも〜〜〜ん。

さて、収録当日。
GOCOOメンバーとTAWOOメンバーあわせて10名ちょっとで
練習しているところへ、岡村さんがOLさん2人を連れてやってきた。

お〜、確かに緊張してる。
なんでも器用にこなしちゃうんだろうと思われてるのって、
本人的には、つらかったりするよね、きっと。

でもワタシも豪語した手前、2時間弱の持ち時間で、
意地でも、岡村さんと1曲演奏♪までもっていきますわよ、そりゃ。
和太鼓とは言え、確かにちょっと違う、
なんとかなるかも、って気が多少してきたらしき岡村さんを励ましつつ、
でも道場では普段、中級以上のクラスでしか練習しない曲を
いきなりチャレンジ!
3つのフレーズを覚えれば打てるとは言え、
初めて聴いた曲をいきなり、結構アップテンポで打たなきゃいけない。
それでも、めげることなく、次第にヒートアップしてきたらしき岡村さん。
このまま一気に、仕上げまで!とさらにヒートアップするワタシ。

途中、短い休憩を1回とっただけで、ほとんど打ちっぱなし!
そして最後は、見事1発で演奏を決めた・・・か!?!?岡村さん!!!

結果はぜひ、放送を観てね〜〜〜♪♪♪

5月5日(土)23:30〜24:00 4ch ナイナイサイズにて!

すごく自慢!!!(^ふ^)

男前源大からへんじがきた(^ふ^)
(やばい。恋しそうだ)

さいしょは スーパーにいくのが こわかった けど
いったら なおった。
そして がちゃがちゃを やってみたら 
カオリさんの ほしがっていた
ドラゴンボールのオス!オラ、ゴクーが あたって
カオリさんに あげるんだ! て、おもいました。
そして たいこの ところにもどったら
はしって ママのところに いって ママに あけてもらったら
カオリさんが ほしがってた ガチャガチャだったから
ぜったい あげるんだ。
そしたら、4つのドラゴンボールをもらいました。
ありがとう。
おわり


オッス! オラ ゴクウ!

源大(げんと)という男前がいる。
この春で、小学校2年生になる。

ワタシはこう見えても、ガチャガチャが結構好きである。

日曜日、GOCOO練の昼休み
ごはんを買いに行ったスーパーマーケットで
ステキなガチャガチャがないか、チェックしていたら
これを発見。(写真参照)

喋るんである。
ドラゴンボールの登場人物たちが。

8種類ほどある中に、これ・・・
「オッス!オラ ゴクウ!」があるじゃああ〜りませんか!

そんなもん、欲しいに決まってる。

1コ200円。
オネガイ!出て!念じてまず1コ。
・・・もう1コ!・・・う〜ん、最後にもう1コ、
これでダメなら諦めるから、もう1コ〜〜〜〜!!!

ダメだった。4回やっても出なかった。
オトナだから、ここが潮時、と、あきらめた。

さすがにメンバーは、ガチャガチャトークには食いつきが悪く、
ママと一緒に練習を見学に来ていた男前源大と、
戦利品をわけあって遊びながら、
「あ゛〜!でも、ど〜しても、欲しいな〜〜〜これ!」と未練がましく
訴えるワタシ。源大は「ふうん」とクールに答えていた。

ごはんを終えてまた練習再開。
少しすると、源大がママに耳打ち。200円もらっている。
どうやら、スーパーに行こうとしている気配。
さては、自分も欲しくなったんだな。
でも、練習会場からスーパーマーケットまでは、ちょっと離れていて、
しかも、ひと気のない廊下を歩いていかなきゃいけない。

200円を握り締めたまま、部屋の中をぐるぐると、
謎の周回運動を見せた後、意を決して、飛び出して行った。

少しして戻ってきた男前源大は、
手にガチャガチャを握り締めて、
ワタシの顔を見つめながら、ママのところへ駆け寄る。
ガチャガチャのいれものを開けてもらってる間も、
ワタシの顔を見つめている。

中からは
「オッス!オラ ゴクウ!」が出てきた!!!

その瞬間、ワタシは理解してしまったのである。

男前源大は、今、自分がガチャガチャをしに行けば、
ワタシに、それを取って来てやれる予感がして、
どうしてもそういう気がして、行ってきてくれたことを。
そして、その予感どおり引き当てて、
猛ダッシュで帰ってきたのである。

な、なんて、男前なんだ〜〜〜〜〜!!!!!!!!

そりゃ、こどもだから、自分も欲しかったんだろう。
あれ、もしかして、無理やり横取りしてる??って気もする。(笑)
いやいや、でも、そうじゃない。
あれは、断じて、源大の男気、なのである。

なんだかすっごく嬉しかった。
なにより、その源大のキモチが、さ。

まだほんとにBABYに毛が生えた程度の頃から
ママと一緒に太鼓に来ていた源大、
7年の人生で、GOCOOの太鼓を、ライブやフェスやレイブでも、
たくさんたくさん観て聴いてきてくれた源大が、
だんだんでっかくなってきて、
いつの間にか、そんな男気をみせるヤツに成長してる。
すごいなあ。

これは、ワタシの宝物にしようっと。(^ふ^)
源大

バチの呼吸

バチの呼吸

バチに呼吸させてあげること。
音から次の音までの間も、バチは呼吸し続ける。
その呼吸がバチを生かし続けて、次の音を生む呼吸にまたつながる。

呼吸が動きを生む。動きが音を生む。
ひとつの音を打ったバチが、次の音を打ちにいくまでの、動きの流れをみれば、
バチが呼吸してるか、生き続けてるか、わかる。
途切れさせないこと。

バチに呼吸させてあげるには、
自分が呼吸する。
間の呼吸、間の歌い方、が、
音のない間を、ただの隙間にするか、
間の「音」を奏でるか、の違いになる。

NEW GOCOO CD制作中!


GOCOOの新しいアルバムを創っているのです。(^ふ^)
5月20日、STBでのGOCOOライブで、
先行発売開始!!!に向けて、
今は日々、あれや〜これや〜と準備に終われる日々。

ひとつのものを創り上げるっつ〜のは、
物凄いエネルギーのいるシゴトだね。
曲ひとつ創るのもそうではあるケド。。。
やっぱりいろんな人が関わりあって創っていくぶん、
費やすエネルギーもでかい。
でも、自分達だけでやってたんじゃあ、創ることの出来なかった作品が、
そういう関わりあいや、出逢いの中で出来上がっていく。

GOCOOがスタートした時から、
GOCOOの音を一緒に創ってきてくれた武田さんが
PA&MIXしてくださったり、
ワタシがまだ大学生?!の頃から慕っていたデザイナーの
石川源さんがジャケットデザインをしてくださったり、
マスタリングではまたまた、田中三一さんって、凄いお方に出逢ったり、
それぞれの道を極めてきた方達が、
GOCOOの作品を一緒に創り上げて下さってることは、
なんだかもう、夢のようですよ。。。

これまで、自分達の音楽を、
CDっていうカタチあるものに残すことに
あまり熱心ではなかったんだけど、
今は、GOCOOの音を、ちゃんとカタチにしたい!って
すごく思う。
そして、それがみんなのもとへ届いてくれることをね。
(^ふ^)

江戸屋レコードから発売になります。
MatsuRhythm VOL.1 EarthBeat
聴いてね♪♪♪

練習日記 脱力練

1月9日 脱力練
今日は、道場練の中でも一番「基本」的なことをテーマにする「基本練習日」
6つのテーマがあって、基本練習日ごとにそのテーマを順に巡るんだけど、
今日はそのひとつめ。「脱力練」。
基本の一、に、脱力練をもってきたのには、やっぱり訳があって、
太鼓を打つには、余分な力を抜くことが、まんず大事ってことなんである。
太鼓を打つぞ、と思うと、大抵の人は、ついつい力みたくなる。
そもそも、バチのような木の棒を持った時点で、どうも戦闘体制に入ると言うか・・・。

でも実際は、余分な力を抜くことで、バチはカラダの一部になってくれる。
力を残らずバチに伝えることができる。
力を抜くことで、力を最大限に使うことができる。

ってことで、基本の一に脱力練をもってきて、この日は太鼓を打つより、
みんなで何かに取り憑かれたかのように、謎の踊りを踊ったりするのである。(笑)
ウソウソ。脱力体操デス。(^ふ^)
まあでも、脱力するには、肉体だけじゃなく、
ココロもゆるまないと、チカラ抜けないからね。
いろんなタガを外していくことが、脱力への道ネ。

この脱力練、いろいろポイントがあって、いろいろな動きをやるんだけど、
いずれも要は、腹にチカラためて、そこから動きを起こして、
その動きの流れをバチ先まで伝える上半身は、
柔らかくしなやかに、脱力できている状態、
・・・をカラダの中に感じるのが目的。
太鼓を打つっていうのは、自分のカラダとあらためて出逢っていく作業でもあると思うんだな。
自分のカラダの中が、今どんな状態なのか、どういう動きの流れが起きているのか、を感じとるのは、
手先の手順を覚えることより、よほど大事。

オナカの底に大地がある。
そこから、小さな芽が伸び始める。
「い〜ち」で、小さな芽が少しだけ伸びて、
オナカの底から、伸びてくる動きが少し生まれる。
ほんの少しダケド、それはオナカから胸、首から頭へ、肩から腕へと伝わって、
自然と腕が軽くふわっと持ち上がる。
同時に両足へは、根が伸びていく動きが少し生まれる。

その小さな芽を、「に〜ぃ」「さ〜ん」「し〜ぃ」とゆっくりゆっくり数えながら、
ひとつ数える毎に、伸ばしていく。
新芽は若葉になって、小さな木になって、枝を伸ばし、根をはり、
「は〜ち」までいく頃には、すっかり大木になって、
太陽の光を浴びて、風を感じて、悠然と生い茂り、枝葉をおおきく大きく伸ばしていく。
しばらく、好きなだけ伸びたら、ゆっくりと、腕が下りてくるに任せ、
また大地まで戻ってくる。

この練習をやっている時のみんなが、実に美しいのである。
そして実にキモチ良さそうなんである。
ただ腕を上げていく動きじゃなく、
動きの起点がオナカにあって、その動きがカラダの中を伝って、
頭の先、手の先、足の先へと伸びるしなやかな線を描いていく。
しなやかな線だから、伸びがいい。
手の先、バチの先、その先まで、
伸びていく流れが続いているのが見えるような。。

オナカに起点を置いた、このしなやかな動きが、
太鼓を打ち抜いていくための動きのコツ。
もっともワタシの打ち方は、我流だし、
通常の所謂、和太鼓の打ち方とはかなり違うから、
和太鼓すべてに共通するとはいえないだろうケド、
でも、オナカを使って、バチを手にした身体全体をしならせて打つ、
この打ち方は、理に適ってるとは思う。(^ふ^)

先日、林英哲さんがTVに出ていらして、
背中を見せての太鼓の正面打ちは、今じゃ伝統的なスタイルと思われてるけど、
自分が始めたことなんだ、と話しておられた。
確かに、あれは様式美として美しいし、
あの打ち方で、あれだけ打ちきる英哲さんは、やっぱり凄い、と思う。
始めた人、なだけある。
でも、それが日本の伝統的な和太鼓のスタイル、
と、一般的に思われちゃってるくらい、
それを真似した人がたくさんいる、ってことで、
それについては、どうなのよ???と思う。

もうちょっと自由であっていいんじゃないか、と思う。
もうちょっと自分の身体で見つけていくスタイルがあっていいんじゃないか、と思う。
・・・って脱力練の話から、ずいぶん逸れ始めたけど(笑)
太鼓の打ち方は、太鼓と自分の身体に教えてもらえ〜!ってことも忘れずに。
ハイ。(^ふ^)


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Gocoo kaoly

kaoly230.jpg
日本国内をはじめ、世界中で活動している創作和太鼓グループ「GOCOO」のリーダー。
詳しくはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM